使わずにはいられない!Windowsでのパッケージ管理が出来る「Chocolatey」の導入!

medium_3400397462
photo credit: ginnerobot via photopin cc

こんにちは、えんぞーです。

今更っぽいと言われるかも知れませんが、つい最近知って感動したので勢いで記事にしてみます。

Windowsでパッケージ管理が行えるようになる「Chocolatey(チョコレーティ)」をご紹介。

あまりピンと来ない人が多数いるとは思いますが、普段からWindows使っているのであればこの機会に使って見ましょう。

パッケージ管理って何?

そもそもパッケージ管理って何なのかという部分から簡単に説明します。

Windowsはフリーのソフトウェアを使おうと思った場合、配布されているHPへ行きソフトウェアのインストーラーや圧縮ファイルをダウンロードしてからインストール作業を経てようやく使う事になりますよね。

これが結構な手間になりますし、「デスクトップがダウンロードした圧縮ファイルで一杯に」なんてPCをたまに見かけます。

パッケージ管理システムの場合、コマンド一つでダウンロードからインストールまで行ってくれるのでとても楽です。

また、ダウンロードされるファイルも特定の場所にキャッシュされるので一々どこに保存するかで悩む必要もありません。

それにパッケージ管理システムを用いてインストールしたソフトウェアはアップデートもコマンド一つで楽々アップデート出来るメリットがあります。

自動でアップデートが掛かるようなソフトウェアなら良いですが、アップデートの通知をされてHPへのリンクのみ表示する様なソフトウェアだといつまで経ってもアップデートしなくなったりします。

その点、パッケージ管理を使う事でインストール・アンインストール・アップデートが簡単に行えるようになるのでストレスが無くなります。

もちろん、目的のソフトウェアがパッケージとして用意されているかどうかにもよりますので全部がという訳にはいきませんけど・・・。

Linux使っている人(yumやapt-get等)はもちろん、Mac使っている方(homebrew等)も馴染みが深いと思いますが、Windowsには無いのでちょっとイメージしづらいかも知れません。

単純にパッケージ管理出来た方がPCを綺麗に保てるし便利なんだよ位に考えてて良いかと思います^^

「Chocolatey」を使える様にしてみよう

さっそく使える様にしてみましょう。

コマンドプロンプトかパワーシェルを管理者権限で立ち上げて下さい。

立ち上げたら下記のコマンドを打ち込んだりペーストして実行します。公式ページ載っているコマンドそのままです。

私はパワーシェルに貼り付けて設定しました。

2014-09-25_16h56_24

完了したら確認の為にChocolateyのバージョンを確認するコマンドを打ってみましょう。

choco version

こんな風にバージョンが出てきたなら正常です。

2014-09-25_17h09_15

早速何かインストールしてみよう

さて、何が良いか。

パッケージ自体は公式ページからも探せますし、コマンドからも探せます(後述)ので色々見て下さい。

公式ページで探した場合だとコマンドも一緒に記載されているのでそれをコピペするだけでOKです!

では試しに「vim」でもインストールして見ましょう。

2014-09-25_17h15_23

表示されているコマンドをコピペするだけでインストールが行われます。

choco install vim

完了したらソフトウェアがインストールされているのを確認して下さい。

コマンドを打つ行為自体がしっくりこない

コマンドプロンプトが表示されるだけで拒絶反応が出る人いますからね・・・そんな人にオススメしたいのがGUIバージョン。

いわゆる普通のWindowsアプリと同じようにウィンドウが出てくるタイプです。

早速インストールして見ましょう。ここだけは我慢してコマンド打って下さい。

choco install ChocolateyGUI

これでGUI版がインストールされたはずです。

環境によってはPowerShellも合わせてアップデートが掛かるため、PCの再起動が必要になるようです。

GUI版も管理者権限で立ち上げて下さい。こんな感じで起動します。

2014-09-25_17h36_25

左側に二つタブがあり、「Installed packages」は自分がインストールしたパッケージの確認とアンインストール、「Available packages」はパッケージの検索が行えます。

右側は選択したパッケージの詳細とインストール・アンインストール・アップデートを行う部分になります。

これならコマンドを打つことも無いし直感的に使えますね。

主なコマンド

GUIはGUIで良いのですが、やはりコマンドが良いですよ。

なるべくキーボードから手を離したくないです自分。という人も多いはずw

主要なコマンドをリストアップしておきます。

  • choco install パッケージ名
    パッケージのインストール
    cinst パッケージ名 でも可能。
    バージョン指定の場合は choco install パッケージ名 -version 2.5.7.10213
    choco install packages.config とする事でまとめてインストールも可能(後述)
  • choco update
    全パッケージのアップデート
    cup でも可能。
    パッケージ指定の場合は choco update パッケージ名
    ※全てのパッケージを対象とする場合、私の環境だと「cup all」にしないとアップデートしない・・・。なんでだろ。
  • choco help
    ヘルプ表示
  •  choco search パッケージ名
    パッケージの検索
  • choco list -localonly
    インストールされたパッケージのリスト表示。「-localonly」を外すと全パッケージを表示。
  • choco version
    Chocolateyのバージョン情報
  • choco version パッケージ名
    指定パッケージのバージョン情報
  • choco uninstall パッケージ名
    パッケージのアンインストール。
    cuninst パッケージ名 でも可能。

まとめてインストールする場合のやり方

下記のようなXMLファイルを事前に用意しておけばまとめてパッケージのインストールが可能らしいです。

これを適当な名前で保存して(仮にpackages.config)下記の様なコマンドでまとめてインストール。

cinst packages.config

必須パッケージなどをこのようにまとめておいて環境を再構築した時等にまとめてインストール出来る様にしておくと便利ですね。

とりとめのないまとめ

もう少し早めにChocolateyの存在に気づけていれば良かった。

切望していたWindowsへのパッケージ管理機能・・・これからも要注目です。

以前記事にしている「vagrant」もパッケージありますし、「Git」や「sublime text」等必須と思えるものは大体パッケージとして用意されています。

他にも「mp3tag」や「ccleaner」なんかのソフトもありますねぇ・・・これは一回今までインストールしたものを消して再度こっちで管理する様にしたほうが良さそうです。

絶対に便利だと思うのでWindows使っている人は導入をお勧めしますよ!