ownCloudの使い道を決めた。こう使う!

_topimage

こんにちは、えんぞーです。

先日構築した「ownCloud」をどう利用しようか考えてたのですが、ある程度使い方を決めたので参考程度に書いておきます。

タスクトレイに沢山常駐しているストレージ関連のアプリを少しでも減らすためにある程度強引にownCloudにまとめました(笑)

環境の確認

私の構築した環境では現時点で88G分の容量を使う事が出来ましたが、今後何かに使う事も考えるとストレージスペースをとして考えて良いのは50G位かなと仮定します。

使い勝手としてはDropBoxと同じなので余りデカいファイルや数の多いファイルは扱わないようにします。同期するときに時間かかってしょうが無いので。

後は所詮自分が管理しているサーバーなので最悪無くなっても良いファイルで行うという事にします。しかし、何かの問題でサーバーが壊れたとしても同期した分はローカルに残るわけですのでそこまで神経質になることも無いかなと思います。

セキュリティに関しては前回書いた通り、SSLでの接続とファイルの暗号化を行っています。

ownCloudの用途その1:スマホの写真倉庫

AndroidにしてもiPhoneにしてもアプリの購入が前提になりますが、インスタントアップロード機能があるので撮った写真はownCloudにアップする様にしました。

Screenshot_2013-11-17-14-22-45

アプリに関しては基本的な機能のみと言ったシンプルなものになります。画像のサムネイル表示とかありませんし、Dropboxのエクスポートの様にダウンロードしたファイルを何処かにコピーする機能も今の所ありません。ファイラーで直接移動するとかは出来ます。その場合は「/sdcard/owncloud/自分のアカウント/」にファイルがあります。

この辺の機能に関しては割り切って考えます。そもそもストレージアプリで画像を見ると言うことも無いですし(確認出来た方が良いに決まってますけど・・。)、目的としてはスマホで撮った写真を意識せずにPCに送っておきたいという事なので問題無い・・・です。

Google play ownCloud
ownCloud
制作: ownCloud, Inc.
評価: 3.7 / 5段階中
価格: ¥99 (2015/7/19 時点)

ダウンロードposted by: AndroidHTML v3.1

ownCloud
仕事効率化, ユーティリティ

Androidアプリは99円でiPhoneアプリは120円なのですが、基本的な機能しか無いためか評価が低めですね・・・。とは言え、特に問題もなくアップ&ダウンしてくれますし缶コーヒー一本にも満たない価格なので全然問題ありません。

ownCloudの用途その2:原点に立ち返りファイル置き場

用途も何も当たり前の使い方なのですが、今までは同じファイルストレージである「Box」に任せていた部分です。自分のアカウントでは使用出来る容量も50Gなので使えるかな・・と思いつつ数年。やっぱりいざというときに微妙に重かったりで使いにくい部分がありました。

今回、これを機会にBoxはアカウントだけ大事に取っておいてownCloudに切り替えます。

さて、そのファイル置き場として何のファイルを置いているのかと言うと使用しているツールのアーカイブ(圧縮ファイルやインストーラー)だったり、フリーフォントだったりします。違う環境になった時にサッとインストールや導入が出来る様にしているわけです。あまりに大きいものは入れませんけども。

あくまでもインストーラー・テンプレート・フォント・アイコン等、ある程度固めておいておける物だけを置きます。これらは同期したいと言うよりも単純に置いておきたいという部分が大きいのでわざわざクライアントをインストールして同期させるよりもWEB上から必要な物だけダウンロード出来れば良いかな位に考えています。

設定ファイルが保存されるタイプ(ポータブル版アプリ等)は現状ではDropboxで同期しているので設定もろともツール自体が同期されます。こうすると設定そのままであっちでもこっちでも同じようにそのツールが使える事になります。この場合、どうしてDropboxを使用するとかというとファイルを過去に戻せるから・・なのですが、この機能自体はownCloudにもありますし、CopyにもあるのでownCloudにまとめられるようであれば今後まとめてしまおうかと思っています。

DROPBOX

screenshot_34

COPY

screenshot_35

ownCloud

screenshot_36

この様に間違って設定したとか間違って上書きしたとしても以前の状態に戻すことが出来ます。なので使う機会の多いツール関係や文書等は同期させています。

この時点で私の環境で動いているストレージ関連のアプリケーションはownCloudとDropboxのみとなりました。最終的にはownCloudだけにしたいと思うのですがDropboxは使ってきた年月が長いだけにちょっとやそっとでは切り替えられないかも知れないですね・・・。

とりとめのないまとめ

極端な話、ownCloudの為だけにサーバー借りるならDropboxに月9.99ドル払って100G使える様になった方がストレージだけで見れば合理的でしょう。
しかし、ownCloudを導入しようとする人は大体が元々借りているサーバースペースの有効利用だと思いますので極端な話は無しで^^