【Linux】余ってるノートパソコンにLinux MintをUSBメモリからインストールしてみた

blogimages001-compressor

どうも、えんぞーです。

前に知り合いから「XPのサポート終わるし、バッテリー死んでるからあげる。」と言われ貰ったDELLの「Inspiron Mini 10」。

一昔前に流行ったネットブックって奴ですね、スマホの台頭で今ではすっかり忘れられた感があります。

そんなMini10。貰った直後にバッテリーだけ買い換えて放置していましたが、せっかくだからもっと働いて貰おうと思いOSを入れ替えました。

さすがにWindowsを入れて何かしようと言う気にはまったくならないので、「Linux Mint」をチョイス。

軽そうなの探していたらこれがいいかと思いまして。「WattoOS」も候補でしたけど前に使ったことがあるので使ったとこの無いものを選んでみました。

※「Mini10」の場合、Windowsを消す前にBIOSをアップデートしておいた方が良さそうです。

Linux Mintとは

ある程度軽量で簡単に使えるのが売りのLinuxディストリビュージョンらしいですね。マルチメディアに強いって言うもあるみたいですが。

リンク先の公式ページに

Linux Mint は今や Microsoft 社の Windows、Apple 社の Mac OS、Canonical 社の Ubuntu に続いて 4 番目に広く使われている家庭用オペレーティングシステムです。

こう書いてあります。そんなに普及してるの!?って思いましたが・・どうなんでしょう。

デスクトップとかにインストールするのであれば「Ubuntu」でも良いですけど、非力なノートにはこっちがおすすめでしょうか。

どうやらデスクトップのシステムとコーデックの有無でダウンロードするISO(イメージファイル)を分けているようです。

私はXfce版を選択。

※ちなみに、現在はLinux Mint17ですが私がインストールしたのは16です。

インストール方法

さて、ISOのダウンロードが終わったら早速インストールしたい所ですが・・・そういえば「mini10」にはDVDドライブとかありません。

外付けのドライブを持っていればISOをDVDに焼いて外付けドライブから起動するのですが外付けドライブがどこにいったのか分からないし、探すのも面倒。

と言う事でUSBメモリからインストールしようと思います。

この手のソフトは色々あるのでしょうけど、今回使用するのはこちらの「Linux Live USB Creator」です。

こちらのソフト、LinuxのISOファイルを使って手持ちのUSBメモリをインストールメディアにしてくれるとってもナイスでクールなソフトです。
では実際に使って見ましょう。

ちなみに使用するUSBメモリは使用するISOファイルの大きさによっても変わるでしょうけど4G以上あれば問題ないかと思います。

「Linux Live USB Creator」の使用方法

見た目が妙に派手ですがシンプルで分かり易いです。
screenshot_62
上から順に設定していけばOKです。
ISOに関してはこの時点でダウンロードする事も可能です。
今回使用しているLinuxMintもありますね。
screenshot_63
設定が終わったら雷アイコンをクリックすれば作成が始まります。
あとは終わるまで少々待ちましょう。掛かる時間は環境によります。

Linux Mintのインストール

USBのインストールメディアが完成したらもうゴールはすぐそこ!
パソコンにUSBメモリを装着して起動しましょう。
あ、前準備としてBIOS設定でUSBストレージからブートする様に設定します。
これやらないと普通にハードディスクから既存のXP立ち上げてしまいますからね。
2014-06-16 19.31.03
ちなみにBIOSの設定画面は起動してロゴ出てきたらF2です。起動後にF2連打w
無事にブートすると選択肢がでてきますのでそこで「Install」を選択すればインストールウィザードが起動します。

2014-06-17 09.49.04

日本語でのインストールウィザードになるので指示されるままに進めばインストールは完了します。

HDD容量の確認と有線LAN・電源ケーブルが繋がっているかだけ確認しましょう。

インストール後の日本語化

日本の公式ページの方に記載されているやり方で行いました。
ダウンロード~日本語化 | Linux Mint Japan

まずは必要なファイルをダウンロードしてシステム自体をアップデート。

その後、使用しているデスクトップのシステムに合わせて下記のコマンドを実行。

インストールが完了して再起動するとこんな感じで日本語表示になっています。

sc001

Mini10に内蔵されている無線LANを使いたい

せっかくのコンパクトPCですからいつまでも有線でネットするのはもったい無い。

と言う事で内蔵されている無線LANのドライバを入れてWifi環境でネット出来る様にしちゃいましょう。

「設定」→「Synapticパッケージマネージャー」を起動して、「bcmwl-kernel-source」をインストールします。

sc002

これで無線LANのドライバがインストールされました。

sc003

無事に繋がっているようですね。

この辺りに関してはこちらのページを参考にさせて頂きました。

新環境完成!さて、何に使おうか・・・

blogimages002-compressor

これでLinux Mintの環境は整いました。

後は何に使おうか・・Apacheとか入れて簡易テストサーバーとかでも良いのですが・・・既に自宅サーバー構築していますし、ネットを見るにしてもスマホ・タブレットで事足りますし・・・。

このパソコンのアドバンテージを活かそうと思ったらキーボードでのテキスト入力くらいなんで・・・文章作成用とか簡易ターミナルとしてですかね。

どちらかというと自宅サーバーのメンテナンス用に良いかも知れません。

サーバーの上に置いておいてメンテするときにこっちのターミナルから全て操作する・・・デカいリモコンみたいですがw

役割さえハッキリしてしまえば小回りも利くし便利だと思いますよ。

とりとめのないまとめ

使っていないネットブック・ノートパソコン、押し入れにある人多いのでは無いでしょうか?

興味ある人は押し入れから引っ張り出してきてLinuxでも入れてみましょうw

おすすめですヽ(´∀`)ノ

追記:その後…

床に置いていたのを気づかずに踏んでしまって「ペキッ」という音と共に液晶が酷い事に・・・。

仕事で使うノートPCじゃ無かったからまだ良かったけど勿体ない事をしてしまった・・・機会があれば液晶付け替えて復活させたい。゜(゜´Д`゜)゜。

追記:さらにその後…

mini10の方は相変わらず液晶割れたままですが、メインで使っているノートPC(Asus Zenbook UX21A)にデュアルブートでLinux Mint入れました。

Zenbook(UX21A)にLinux Mint入れてWindows8.1とのデュアルブートにしてみた

キビキビ動くので非常に重宝していますw

コメント

  1. ジャスミン より:

    はじめまして、LINUX MINTすごく興味あります。
    うちに使ってないXPパソコンがあるのでこれを入れて友人にあげようかと。
    このOSはWINDOWSのソフト(WORDやフォトショップなど)は使えるのでしょうか?
    他のLINUXはドライバの読み込み(プリンターを認識しない)がうまくいかないという話がブログを巡っていて見かけたのですがMINTでは問題なく使えるのでしょうか?

    • えんぞー より:

      > ジャスミンさん
      コメントありがとうございます^^

      残念ですがLinuxでWindowsソフトは動きません。
      しかし、代替えソフトはありますのでそちらを使用すると良いかと思います。

      Wordであれば「openoffice」、PhotoShopであれば「GIMP」等があります。
      (MintLinuxをインストールした場合は既に「Libre Office」というオフィス系ソフトがインストールされています。)
      無料で使用する事が出来ますし、ソフトの数も色々あるので是非お試し下さい^^

  2. ぺぺぺ より:

    はじめまして😄明後日くらいに
    XPからリナックスにアップグレードしたいと考えてます😄
    それでですが、リナックスにアップグレードした場合、XPのソフトは削除されるのでしょうか❔

    • えんぞー より:

      > ぺぺぺさん
      返事が遅くなってしまって申し訳ありません。
      XPからLinuxへのアップグレードの事ですが、WindowsとLinuxはまったく別のOSとなるので全く別のものに入れ替えるという事になります。
      ですので、Linuxを入れた場合はWindowsのソフトは基本的に動きません。
      WindowsもLinuxもどちらも使いたいという場合はデュアルブートする等してパソコンを起動する際にOSを選択出来るようにするのも手です。
      この記事がデュアルブートについて書いてます→http://enz0.net/linux/linux_software/ux21a-win_linux/

      最悪の場合、現在の環境(Windows)が壊れてしまう可能性があるのでバックアップを取るなどしてからお試し下さい。